シミを作らない、増やさない!シミ対策スキンケアに大切なことは?

シミ対策をするうえでもちろんスキンケアは欠かせない要素ですよね。

 

シミができないようにするためには、どのようなスキンケアを重視するのがいいのでしょうか。

 

シミ対策に役立つスキンケアについて調べてみました。

 

 

◆シミ対策スキンケア:保湿

 

シミ対策のみならず、シワやかさつきの改善など、あらゆる肌悩みのケアにつながる重要なスキンケアは保湿です。

 

お肌をしっかり保湿して潤いを蓄えることは、お肌のバリア機能を高めることにつながります。

 

そのため、シミ対策として保湿に力を入れることは非常に有効といえます。

 

スキンケア用品を見ても、潤いを補充する化粧水、潤いを閉じ込める乳液やクリームなど、保湿に関わる化粧品は基本中の基本として幅広く使用されていますね。

 

保湿ケアをおろそかにして肌の乾燥が進んでしまうと、乾燥性敏感肌という状態になる可能性があります。

 

この乾燥性敏感肌が引き起こされると、スキンケア用品がしみたり痛みを感じたり、赤みが出てしまったりして、思うようにスキンケアができなくなってしまいます。

 

効能などを見て、使用したいスキンケア用品があっても、乾燥性敏感肌が原因で使えないなんてことも考えられます。

 

そうならないよう、普段から保湿には力を入れていきたいところですね。

 

 

◆シミ対策スキンケア:紫外線対策

 

シミの原因となるメラニンの過剰生成を引き起こす大きな原因は紫外線を浴びすぎてしまうことにあります。

 

どれだけ紫外線を浴びないようにできるかが、シミ対策には非常に重要なものとなります。

 

紫外線は身体にとって害になるものであるため、その紫外線を受け止めて身体に悪影響を及ぼさないようにするために、肌でメラニン色素が生成されます。

 

メラニン色素の生成自体は自然な肌の防衛反応であるため、過剰に生成されないようにすることや、きちんとスムーズに排出されるようにお肌を整えてあげることが大切なシミケアとなります。

 

そして、過剰に生成されないようにするには、紫外線を浴びすぎないようにする必要があるということですね!

 

紫外線によるメラニン色素の過剰生成を防ぐには、まずは日焼け止めを活用しましょう。

 

日焼け止めは汗などで流れ落ちてしまったりするので、まめに塗り直すことをおすすめします。

 

そして、日焼け止めのみではなく日傘や帽子などを併用することで、さらに紫外線の浴びすぎを防ぐ効果が望めます。

 

 

シミ対策に不可欠である保湿、紫外線対策についてご紹介しました。

 

できてしまったシミを消すには、やはり根気が必要になります。

 

シミができる前の対策をしっかりと行っていきましょう。